仕事に必要な資格取得

社会人になって、会社に勤めると部署によっては資格が必要になる事があります。学生時代に資格取得していれば問題はなかったのですが、社会人になってから初めてその事に気づくのです。

勉強業務上必要となる資格に対し、企業側の業務命令で資格取得するのと、仕事上必要と感じて資格取得するのでは、考え方に大きな差があります。業務命令なら資格取得に関する費用や勉強する機会を与えてくれると思いますが、個人的に必要性を感じて資格取得を目指す場合は、仕事の時間外に勉強をしなくてはなりません。社内で必要とされる資格の場合は、唯資格を取得すればそれでいいという訳にはいきませんから、実務としての実践能力も期待されるのです。資格があれば、企業内である程度優遇されると思いますが、企業内の多くの方が取得している資格の場合は、あまり優位になるとは考えられませんので、矛先を変えて異質な資格を目指す方が得策だと思います。

企業に入社されると、事務系や技術系などに所属することになりますが、入社以前に技術系の学校を卒業すれば、自動的に技術の道に入ることになるのです。専門分野を技術に絞り込んであらゆる資格を取ることも大切ですが、昇格するためには事務系の資格も考えられた方がいいと思います